任意整理できる弁護士.com

MENU

任意整理できる弁護士.com

任意整理では司法書士と弁護士に依頼することが可能ですが、どちらを選べば良いのか難しいと感じてしまいます。費用の面で言えば司法書士の方が安く済みますが、弁護士の方が色々な問題を解決できるメリットがあります。司法書士は140万円までの任意整理しか行えませんので、それ以上の借金を整理するには弁護士に依頼することになります。140万円以下の場合には司法書士にも訴訟代理権がありますが、簡易裁判所に限られているため裁判所の訴訟代理人にはなれない決まりがあります。任意整理でもそれ以外の手段にした方が良い場合もありますし、総額が140万円を超えた場合には弁護士に依頼する必要があります。費用に関しては弁護士の方が割高になりますが、任意整理では140万円以下の場合もありますので、自分に適している方を選ぶことが大切です。借金の総額は債権者ごとに判断するのではなく総額で判断されますので、司法書士が扱えるケースは少ないのが現状です。140万円には借金と過払い金の総額となりますので、弁護士に依頼するケースの方が多いと言えます。任意整理は借金の総額を減らし返済していくのが基本ですから、借金の額によっては適していない場合があります。その場合には自己破産や民事再生を選ぶことになりますが、裁判所に申し立てをすることになりますので司法書士ではできない業務となります。140万円以下の任意整理であればいいですが、それ以外では弁護士に依頼することになります。

 

多重債務に陥ると、毎月、何度もくる返済日と、多額の返済金に悩まされる事になります。
それでも、返済が可能な間は問題ありませんが、些細な事がきっかけで、返済が困難になってしまうという事は珍しくありません。
そんな状態を改善させたいと考えた時に行うのが債務整理です。
債務整理の中で、デメリットが最も少ない事で人気なのが、任意整理です。
任意整理は、現在の借金を見直し、今後の利息をカットする事等で、返済しやすい状態を作っていく方法で、連帯保証人がいた場合でも、迷惑をかけない債務整理方法としても人気です。
そんな任意整理を行いたいと考えたら、弁護士に相談をする事がお勧めです。
任意整理は、まず過去に過払い金がないかを見直し、あれば返還請求を行い、そのお金を返済にあてていきます。
更に、今後、数年かけて元金を返済していく事を条件に、今後の利息カットして貰えるように業者と交渉をし、少しでも借金の返済がしやすい状態を作っていきます。
業者との交渉をしていく必要がある為、専門家である弁護士や司法書士に任せる事がお勧めです。
ただ、弁護士に依頼をした場合、利用している業者の数だけ、着手金等の費用が必要になります。
その為、利用している業者数が多くなれば、それだけ多くの費用が必要となります。
ですから、依頼をしたいと考えた場合、必要な着手金等についてもしっかりと調べて、費用面でも安心して頼む事ができる弁護士事務所を見つける事がお勧めです。