任意整理するなら要確認!※任意整理のデメリットはあるのか

任意整理するなら要確認!※任意整理のデメリットはあるのか

MENU

任意整理するなら要確認!※任意整理のデメリットはあるのか

任意整理とは金融会社との交渉・和解によって債務を整理する方法です。
個人でも行うことができますが、金融会社は交渉のプロでもあるので、時間も労力もかかることになります。
従って、司法書士や弁護士などに依頼するのがベストです。
では、司法書士や弁護士に依頼した際のステップですが、依頼後に先ず行うのが受任通知の送付です。
受任通知は介入通知とも言いますが、言わば弁護士や司法書士などが債務者に代わって支払いの交渉相手になりますということを知らせるものです。
この受任通知の送付をもって、返済はストップします。
このことは貸金業法でも定められており、貸金業者や債権回収業者などが対象です。
任意整理のメリットは法定利息に沿って借金を引き直し、債務全体を減額することです。
整理したい債務を任意で選択することもできますが、信用情報機関への登録を考えると借入やクレジットカードの利用もできなくなることがあります。
デメリットは元本については全額支払うことになる点です。
自己破産であれば全額、民事再生の場合は一部が免除になる点を考えると任意整理した場合に残る支払い金額は多くなります。
また、安定した収入でないとできないのもデメリットです。
しかも、3年以内に返済するというタイムリミットもあります。
交渉次第であるのもデメリットで、必ずしも理想の債務減額ができない場合があります。
それでも任意整理を行うことで遅延損害金や将来の利息をカットすることもできます。
特に任意整理でメリットが大きくなるのは利息制限法を超える借入がある場合で、貸金業法の改正以降の債務ではその効果は限定的になることがあります。